京都発 素朴で楽しいイタリアパン[京都]パネッテリア プルチーノ

投稿日:2019年2月27日(水曜日)

・パン大好き店主の、“好き”が凝縮された味
・雑貨屋さんのようなかわいく愛らしいお店

京都をゆるゆると流れる木津川のほど近く。
田畑が大きく広がる、緑豊かな街の中にパネッテリア プルチーノさんがあります。

幹線道路から脇道へ入り進んでいくと、目にも鮮やかなブルーのファサードが飛び込んできます。お店の前には手描きの看板や、大小さまざまなグリーンが置かれ、まるで雑貨屋さんのようなかわいさ!

「ここって結構、田舎でしょう?(笑)。けれど、インスタを見て県外からお越しいただくお客さまもいらっしゃって」と店主の安井健太郎(やすいけんたろう)さん。
確かに駅から遠く、車で向かうのも少し不便な立地です。
けれど、時間をかけてわざわざ訪ねたくなる気持ちがよく分かります。
ご夫妻のかもしだす、かわいさをギュッと集めたようなお店の雰囲気は、本当にオンリーワンの魅力でした!

「パンに夢中な子どもでした」
店主の安井さんは、現在お店がある木津川市出身。
子どものころから、とにかく無類のパン好きだったそうです。
パンをかみしめる時間が好きで、パンを選ぶ時間も好き、さらに、ご家族全員もパンが大好き。

そんな環境で育った安井さんは、「小さいときから、ずっとパン屋さんになりたかった」そうです。
大人になり、パン職人を志した安井さん。
東京や大阪、京都などの有名店で修業を重ね、厳しい日々の中、めきめきと腕を上げていきます。
さあ独立しようかと心を決めたとき、ふと、自分の育った町にパン屋がないことに気付きました。

「ふるさとで長くパン屋を続けたい」
生まれ育った木津川市で、「ふるさとを背負って立つパン屋になろうと」帰ってきた安井さん。

大切なお店の名前は、イタリアで食べ歩き旅をしている途中で見つけた、絵本のタイトルからつけました。
「プルチーノ。日本語にすると、ひよこですね」。

急がず、よちよちと歩きながら、夢だったパン屋をふるさとの地で長く続けたい、そんな想いを込めたそうです。
お店の雰囲気は、ひよこの愛らしさからインスピレーションをふくらませ、ナチュラルな外観やあふれるグリーン、木の内装などをチョイス。

さらに、奥さま手づくりの焼き菓子や雑貨なども置いて、人の手の温かさやぬくもりを感じられる、ほのぼのとかわいい雰囲気が出来上がりました。

「アレルギーのある方にも楽しんでほしい」
なるべく添加物を加えず、やさしい味わいで仕上げる。
小麦は北海道と三重県産を、天然酵母を使い、卵不使用や、米粉100%のパンも揃える。
パンづくりも、パネッテリア プルチーノの大きな特徴のひとつです。

「もともとは、うちの子どもがアレルギーだったことがきっかけです」と安井さん。

「パンを食べる楽しみを、小さなお子さんからお年寄りまで、できるだけ多くの人に、と」やさしいまなざしで安井さんは語ります。

「パンづくりが面白くてしょうがない!」
「毎日つくるのが楽しくて。同じ素材でも条件で変わってくるから、仕上がりを想像してあれこれ工夫したり」と目を輝かせる安井さん。
口どけがふわっと軽くなる小麦粉の配分を考えたり、熱湯でこねてもっちりとした食感を出したりと、製法へかける熱い想いをたくさん語ってくださいました。

そんな、“好き”の情熱がこもったパンの味は、今、地元の木津川市を飛び越え、県外でも有名に。
「ご購入されたお客さまが、すぐ戻って来られたんですね。『おいしかったので、今のうちに、もう一度買いたいと思って』と。うれしくって」と安井さん。

よちよちと歩き始めたひよこは、多くの人から支持されて、ふるさとの町を越え、今、大きなフィールドへと向かい始めているようです。

パネッテリア プルチーノ

パンの商品リストはこちら

コメントはブログ管理者が公開するまで表示されません。

※本名など個人を特定できる情報の入力はご遠慮ください。